白蟻駆除業者が行なっている2つの工法とは~最適な駆除を見つけよう~

白蟻が大量発生する原因の1つ、水回りの水萌r

水回りで白蟻が発生しないように駆除

白蟻駆除業者は、ベイト工法とバリア工法という2つの駆除を行なっています。駆除方法によって、それぞれ特徴が異なるので、こちらで確認しておきましょう。

ベイト工法とバリア工法

ベイト工法とはどのような駆除ですか?
ベイト工法とは、家の周りに餌となるベイト薬剤を設置するという白蟻駆除方法です。白蟻は、仲間に餌を分け与える習性があるので、ベイト薬剤を設置すれば巣全体に薬剤を行き渡らせることができます。そのため巣を根絶に導くことが可能なのです。白蟻駆除業者によって、使用する薬剤の有効成分は異なりますが、基本的には人間やペットには安全性が優れたものとなっています。そのため子どもがいる家庭やペットを飼っている家庭でも安心して施工できます。
バリア工法とはどのような駆除ですか?
バリア工法とは、床下などの白蟻が侵入しやすい場所に薬剤で処理層を作って、侵入を防止するという白蟻駆除方法です。薬剤を土壌散布したり、塗布処理したりすることで、白蟻の神経伝達系に作用して退治できます。即効性があるというメリットがありますが、薬剤の臭いが気になったり、アレルギー症状が出てしまったりすることもあります。安全性が高い薬剤を使用している専門業者もいるので、しっかり相談した上で施工するようにしましょう。

駆除を行なった後の水回りの対策

白蟻駆除をした後は、白蟻が好む環境を作らないように水回りの対策をすることが大切です。湿気が溜まりやすい水回りは、水漏れをしないように予防するのはもちろんですが、劣化によるひび割れなどにも気をつけましょう。また、植木鉢やゴミ箱などで換気口を塞いでいる家庭は多いですが、換気口が塞がれると、床下の湿気がこもりやすくなってしまうので今すぐ改善したほうが良いです。

TOPボタン