水回りで被害を受けた人の声を聞いて白蟻駆除に役立てよう

白蟻が大量発生する原因の1つ、水回りの水萌r

水回りで白蟻が引き起こす被害

ここでは、実際に水回りで白蟻被害を受けた人の声を紹介します。実際に被害に遭った人の声を聞くことで、白蟻の怖さがよりわかります。

白蟻が引き起こす問題

浴室やトイレの床下がボロボロになってしまった (40代/女性)

最近白蟻を見つけて、不安になったので白蟻駆除業者に依頼して、床下を点検してもらいました。すると、浴室やトイレの床下が白蟻に食害されてボロボロになっていて、とてもショックを受けました。目に見えない部分なので、全く気付かずに過ごしていた自分に怒りを感じています。浴室やトイレの床下以外にも、湿気が多く日当たりの悪い場所は白蟻が発生しやすいらしいので、皆さん気をつけたほうが良いですよ。

浴室のタイルの裏側がボロボロになっている (30代/女性)

一週間にお風呂のリフォームを行ないました。その時にタイルの浴室を解体したのですが、裏側がボロボロになっていたので驚きました。工務店の方に話を聞いてみると、白蟻の食害が原因だそうです。実際、タイルの浴室を解体すると、白蟻の食べた跡があるらしいです。リフォーム後は、白蟻が発生しないように気をつけたいと思います。

台所を歩くと床に違和感がある (50代/男性)

今住んでいる家は、結構古いのですが、最近台所を歩くと床に違和感を感じるようになりました。劣化が原因で違和感があるのかなと思っていましたが、あまりにもおかしいので、調べてみると、白蟻被害によって、床板がスカスカになっていたようです。白蟻によって、台所の床がフワフワした状態になっていたり、襖や扉の立て付けが悪くなっていたりと色々問題が発生しているのでとても困っています。

白蟻は二次災害を引き起こす

白蟻の怖い部分は、直接的な被害だけではなく、二次災害を引き起こす可能性があることです。白蟻が配線をかじることによって、漏電が発生した事例もあるので気をつける必要があります。また、家中が食い荒らされたことで、大きな衝撃に耐えられなくなり、地震によって倒壊するリスクが高まるのです。このように白蟻が引き起こす二次災害は、巨大災害レベルなので注意しなければなりません。

TOPボタン